除湿と換気でダニ予防|アレルギー性皮膚炎や鼻炎も防げるかも

除湿と換気でダニ予防|アレルギー性皮膚炎や鼻炎も防げるかも

ダニは高温多湿で、大好物のフケやアカ、皮脂などが豊富にある寝具類が大好きです。つまり、ダニ予防には湿気を除去することです。

 

除湿と換気でアレルギーの予防や改善につながります。

 

それに加え、ダニを完全除去するには、布団の丸洗いが効果的です。

ダニは発生する条件とは?

ダニは湿度が高くて高温な場所が好きですが、それだけでは大量発生することはありません。

 

ダニにとって美味しいごはん、つまり、エサがなければ絶好の繁殖場所とは言えません

ですから、ダニの大好物、つまり、人間のフケやアカ、皮脂などのたんぱく質が豊富にある布団などの寝具類が大好きです。

またそれに加え、日光や電気など光のない潜れる場所が布団にはあるのでダニにとっては絶好の繁殖場所となっています。

 

ですから、ダニの予防にはダニが好む環境の逆とも言える、除湿と換気を徹底することでダニ予防対策につながります。

 

温度よりも湿度管理が大切!

日本の気候と住宅は、ダニにとって天国のような絶好の環境です。

 

特に湿度が高くなる梅雨時期から真夏にかけては、ダニが喜ぶ環境と言えるでしょう。

 

つまり、人にとってはアレルギーが発症しやすい時期とも言えます。そこでアレルギー対策として、除湿と換気の湿度管理を徹底しましょう。

 

ダニは湿度を50%以下を継続すると、繁殖能力が低下します。

梅雨時期から冷房を使用する場合は、室内温度よりも、湿度を調整して使用するならダニの繁殖の予防につながるでしょう。

また、湿度を低下させるには、布団の天日干しも有効です。

 

天日干しでダニが死ぬことはありませんが、布団の湿度が減少することで動きが鈍くなり繁殖を妨げることにつながります。

 

布団を丸ごと洗うのがベスト!

布団は1日の約3分の1使用しています。そのため、布団にダニやカビが蓄積されているとアレルギー性皮膚炎や鼻炎などになる可能性があります。

 

アレルギー対策のためには、いつも布団を清潔な状態に維持することにかかっています。布団を天日干しする家庭も多いことでしょう。

 

しかし、天日干しではダニを完全に除去することはできません。アレルギーの原因となるダニやその死骸、フンなどを完全に除去するためには、布団の丸洗いが欠かせません

布団を自宅で洗うことも可能ですが、主婦にとって家族全員の敷布団、掛け布団、羽毛布団などの寝具類を洗うことは重労働ですし、完全にダニを除去することは簡単なことではありません。

そこでプロに依頼してみるのはどうでしょうか?

 

近年、布団専門宅配クリーニングが注目を集めています。ダニの完全除去を期待できるのでアレルギー予防や改善につながりますよ。


TOPへ