布団は家庭で洗えないの?正しい洗い方紹介

布団は家庭で洗えないの?正しい洗い方紹介

清潔な布団は快適な眠りをサポートします。つまり、快適な睡眠を得るためには布団の洗濯が欠かせません

 

自宅で洗える布団なら、洗濯機の容量をまず確認しましょう。そして、畳んだ布団を洗濯ネットに入れ、中性洗剤で洗います。

 

脱水のし過ぎは布団を傷めてしまう可能性があるので、様子をみながら脱水を短時間で終わらせましょう

まずは布団の洗濯タグをチェックしよう!

羽毛布団は、羽毛に撥水加工を施しているものであれば、家庭での洗濯は可能です。

 

布団が自宅で洗えるかどうかを、洗濯表示のタグで確認しましょう。自宅で洗える洗濯マークが付いているものと、手洗い表示が付いているものは自宅での洗濯がOKです。

一方、水洗い表示に×が付いている場合は、残念ですが自宅での洗濯はできません。また、ドライマークが表示されている場合は、布団を扱ってる専門のクリーニング業者に相談してみましょう。

もし自宅で無理に洗濯すると加工が落ちてしまうこともあるので、ドライマークが記載されているなら自宅での洗濯は避けましょう

 

羽毛布団を自宅の洗濯機で洗う方法とは?

布団の洗濯タグ確認後は、洗濯機と布団のサイズを確認しましょう。

 

5キロサイズの洗濯機であればシングルサイズの布団、7~8キロサイズの洗濯機であればセミダブルサイズの布団の洗濯が可能です。

 

洗濯機の容量以上の布団を選択すると、洗濯機の故障や布団の痛みなどのトラブルが生じる可能性がありますので、サイズはしっかり守ることが大切です。

 

そして、布団を洗濯する際には、布団を畳み、寝具用のネットに入れて洗います。

 

布団を縦に3等分に折りたたんでネットに入れることができるでしょう。

その後、オシャレ着用の中性洗剤を投入しましょう。洗濯のモードは、毛布コース、もしくはドライコース(手洗いコース)を選び、すすぎまでは洗濯機におまかせします。

すすぎまで終わったら、様子をみながら脱水をしていきます。

 

羽毛はしっかり乾燥させないと臭いが発生することもあるので、短時間乾燥機にかけた後、外干しで最後の仕上げをすることをおすすめします。

 

布団は天気のいい日に洗うのがベスト!

脱水は短時間で済ませる必要はあるので、布団が完全に乾くまでには時間を必要とします。

 

浴室乾燥ができるなら特に問題はありませんが、天日干しで乾燥させる場合は、曇りや雨の日に洗うことは避けましょう

 

そして、週間予報をチェックし、晴天が続きそうな日を布団洗いの日に選びましょう。


TOPへ