布団を洗う頻度はどれくらい?専門家に聞いてみた

布団を洗う頻度はどれくらい?専門家に聞いてみた

布団クリーニング専門業者の見解によると、家庭の布団は半年に1回洗うことが適切と言われています。

 

なぜなら、布団にはダニやダニのフン、ダニがエサとするフケやアカが蓄積されていくからです。

 

半年に1回丸ごと洗うなら、ハウスダストの予防にもなります。

布団の洗濯頻度は半年に1回

毎日使っている布団をどのくらいの頻度で洗えばよいのか?と疑問を持たれている方も多いことでしょう。

 

専門家でもある布団クリーニング業者の見解によると、布団の洗濯は半年に1回が望ましいと言われています。

なぜなら、布団を丸洗いするとダニやダニのフンはほとんどなくなりますが、半年経過すると再びダニやそのフン、フケ、アカなどが溜まってくるからです。

フケやアカはダニのエサとなるため、お手入れをしないと汚れは蓄積される一方でアレルギーなどの症状を引き起こす可能性もあります。

 

そのため、布団は半年か1年に1回は定期的に洗浄し、中綿の汚れやダニアレルゲンをキレイに除去することはとても大切です。

 

このような理由から、専門家は半年から1年に1回の間隔で布団を洗うよう推奨しています。

 

厚生労働省の見解は?

厚生労働省が旅館に通達している資料によると、布団また枕は、6ヶ月に1回以上、汚れを落とすために丸洗いすることが望ましいと記載されているようです。

丸洗いとは、洗濯物に洗剤液や水を直接吹き付けて洗う洗濯方法、つまり、丸洗いのことで、これには加熱処理工程も含まれています。

さらに布団や枕、毛布などは日光消毒を1ヶ月に1回以上、その中心部の温度を60度で30分間加熱乾燥するよう推奨しています。

 

もちろん家庭と旅館では環境が違うので厚生労働省の見解が当てはまるというわけではありませんが、6ヶ月に1回の間隔で丸洗いするという見解は1つの目安になるでしょう。

家庭で布団を6ヶ月に1回洗うには?

では、旅館のように業務用の洗濯設備がない一般家庭では、どのように布団を丸洗いすればよいのでしょうか?現実的に考えるなら、

  1. 洗える布団を購入する、
  2. 布団宅配クリーニングを利用する

の2つの選択肢があります。

 

洗える布団はその名前の通り、自宅で丸ごと洗濯することが可能ですが、家族全員の布団を洗うことは大仕事です。

 

一方、布団宅配クリーニングサービスに依頼するなら、業者に依頼するために料金を支払う必要がありますが、年に2回なら許容範囲内の出費と言えるでしょう。


TOPへ