お布団は日光に当てて干せば洗えてるって本当?

お布団は日光に当てて干せば洗えてるって本当?

お布団を日光に当てても、布団を洗うことで得られるメリットは得られません。そのメリットのひとつにダニの除去が挙げられます。

 

太陽には日光消毒効果があっても、布団を丸洗いしなければ、生命力の強いダニを完全除去することはできないのです。

お布団を日光に当てることと洗うことは別!

お布団を直射日光にしっかり当て、布団叩きで叩いて、ダニやホコリを落とす・・・という布団干しは、一般的によく見られる光景です。

 

布団を干すことで布団がキレイになり、洗えているのではないか?と思われている方もいます。しかし、お布団を干すことと、丸ごと洗うことは全く違います

 

つまり、布団を直射日光に当てても、布団を洗うことで得られるメリットを得ることはできません。

確かに”日光消毒”という言葉があるように、日光には殺菌効果があります。しかし、太陽光には紫外線も含まれており、モノの劣化を生じさせます。

長時間干すと布団の生地は痛み、羽毛や羊毛、綿などの天然素材は日に焼けて油分を奪われてしまいパサパサになってしまいます。

 

また、布団の中にいるダニが表面に浮き上がってくるので布団を干すだけでは、ダニやカビの完全除去にはなりません。

人が布団を干す理由とは?

布団は湿気を含むと重くなり、快適な睡眠を得られません。特に羽毛布団の場合、湿気が含まれていると羽毛が下手ってしまいます

 

しかし、直射日光に当てるなら布団乾燥機と同じような効果が得られます。

また、布団は毎日使っていると髪の毛やフケ、皮脂、アカなどが落ち、ニオイが発生します。布団を干すことで消臭効果を期待できますが、残念ながらそれらの汚れを完全に除去することはできません。

日光はとても強いので布団に潜んでいる雑菌を死滅させることはできますが、その死骸を取り除くことはできません

 

では、布団が大好きなダニは日光に当てるとどうなるのでしょうか?

 

布団を干すことで湿気が少なくなるので、ダニの動きが鈍くなり、繁殖を抑えることにつながります。

 

でも、ダニを完全に除去することはできないので、布団を干したその日の夜も、ダニが潜んでいる布団で寝なければいけません

 

布団を丸洗いすればダニを完全に除去することも可能!

ダニはとても生命力が強いため、日光に当てたくらいでは死にません。つまり、布団を丸洗いしない限り、ダニを完全に取り除くことは不可能です。

布団を丸洗いしてダニやそのフン・死骸を取り除き、高温乾燥機にかけることでダニは完全に除去されます。

ご自宅で布団を洗うことも可能ですが、一般家庭に布団専用の乾燥機はないかもしれません。

 

そこでおすすめなのが、布団宅配クリーニングの利用です。その名前の通り、自宅まで集荷してくれるので、忙しい方でもキレイな布団を維持することが可能です。

 

いつもキレイな布団で眠れれば、質の良い睡眠にもつながり、結果として健康や美容にもメリットが得られます。

 

今注目の布団宅配クリーニングの利用を検討してみませんか?


TOPへ