羽毛布団は洗えないって本当?干すだけしかできないの?

羽毛布団は洗えないって本当?干すだけしかできないの?

羽毛布団は天日干しすることに加え、洗うことも可能です。

 

最近は自宅で洗える羽毛布団も販売されています。

 

自宅での羽毛布団の洗濯は、手間や時間がかかるので重労働と言えるでしょう。

 

しかし、洗濯に失敗したくない人や時間がない人は、羽毛布団洗濯のプロである布団宅配クリーニングの利用がおすすめです。

自宅で洗える羽毛布団と洗えない羽毛布団

最近、自宅で洗える羽毛布団が販売されているため、自宅での洗濯に挑戦している人も増えています。

 

その際、まず確認すべきことは、羽毛布団に付いている洗濯表示です。

 

水洗いマーク、手洗いマーク、洗濯機マークが付いているなら、たとえ羽毛布団だとしても自宅で洗うことが可能です。

 

しかし、水洗いマークにバツマークが付いているものは、水洗いが不可能な羽毛布団ですので、家庭では洗わずに、布団クリーニング業者に相談してみましょう。

自宅で羽毛布団を洗う方法とは?

自宅での洗濯が可能な羽毛布団であるなら、洗濯機のサイズを確認してみましょう。

 

容量以上の布団を入れると洗濯機の故障につながるので容量を守ることは大切です。

そして、洗濯機に入れる際には寝具用の大きなネットに入れて、液体の中性洗剤を使用しましょう。

また、洗濯時の水温にも注意が必要です。お湯で洗うと汚れが落ちやすいと考えがちですが、お湯での洗濯は羽毛の油脂分がなくなってしまいます。そして、脱水まで終わったら、しっかり干すことがポイントです。

少なくとも3日間は風通しのよい環境に置き、羽毛をほぐしながら乾かす必要があります。

羽毛布団の乾燥は手間と根気が求められますが、羽毛の乾きが悪いとカビやニオイの原因となるので、しっかり乾かしましょう。

 

羽毛布団は布団クリーニングの利用が便利!

羽毛布団の洗濯は、宅配クリーニングの利用がとても便利です。

 

布団洗濯のプロに洗濯から乾燥までおまかせできるので、失敗することなくとても安心です。

 

また、家に専用の回収箱が届き、自宅までの集荷サービスもあるので、重たくてかさばる布団を自分で運ぶ必要がないのも嬉しいポイントです。

さらに業者によっては保管サービスも提供しており、布団を使わない期間預かってくれるので、クローゼットを有効活用することも可能です。

羽毛布団をダメにしたくない人や時間がない人、洗濯が面倒な人は、宅配クリーニングの利用がおすすめです。


TOPへ