布団は叩けばダニを落とせるって本当?

布団は叩くとダニを落とせるって本当?

“布団を叩くとダニが落ちる”と思われている方もいますが、ダニは落ちません。

 

布団を叩くことでダニの死骸やフンが細かく砕かれ、それが布団の表面に付くことでアレルギー発症や悪化の原因となります。

 

また、生きているダニは叩かれることで驚き、布団の奥に隠れてしまい、布団の機能性にダメージを与えます。

 

さらには布団を叩く音や叩くことで落ちるホコリや汚れなどで近所トラブルの原因となることもあります。

一般的に見られる布団の扱い方とは?

布団は洗うことができない・・・と思っている人も少なくありません。

 

そのため、布団を天日干しし、その後、布団叩きで叩くことが一般的なケア方法として知られています。

また、“布団を叩けばダニが落とせる”と思っている方もいます。

しかし、この布団を叩くという行為は、わたしたち人間の体に悪影響を及ぼす行動のひとつです。

布団を叩くとダニはどうなる?

布団を干した後、布団叩きを使うとダニやホコリなどの汚れが落ち、スッキリした気分になることでしょう。しかし、布団叩きで叩くだけではダニやホコリを除去することはできません。

 

かえって、布団を叩くことでダニの死骸やフンが細かく砕かれてしまい、布団の表面に出てきてしまいます

そのため、夜寝ているときに吸い込んでしまい、アレルギーやハウスダストの症状が悪化する原因となります。

また、生きているダニの場合、布団と叩きの衝撃に驚き、布団のさらに奥の方に隠れてしまうため、クッション性や保温性、断熱性など布団が持つ機能を損傷されてしまう可能性もあります。

さらに、布団を叩くとパンパンと音が響くため、近所迷惑にもなります。特にマンションなどの集合住宅の場合、音だけでなくホコリやゴミを隣りや階下にまき散らすためトラブルの原因となっています。

このように布団を叩くことは、ダニを落とせるのではなく、かえって多くのデメリットを生み出します

布団叩きの正しい使い方とは?

では、デメリットしかないように思える布団叩きは、どのように使えばよいのでしょうか?

 

それは布団を叩くのではなく、布団を撫でるように使うことが正解です。

 

実際にある実験によると布団叩きは撫でた方が、表面の汚れが落ちると報告されています。

 

ですから、布団叩きは叩くのではなく、撫でるように使いましょう。

 

そして、布団に潜んでいるダニを除去するには、掃除機で吸引したり、布団を丸洗いをされることをおすすめします。


TOPへ